ezohikiの日記

道内五拠点生活

さざんか咲いた

日高管内も11月半ばを過ぎると木枯らしが吹いて、カシワの半落葉とクロマツの緑を除き海岸段丘はすっかり冬木立に。

鮮やかなピンクのマユミの実
枯野の中で一際目を引きます

空っ風にカラカラと葉を鳴らすカシワ林は、ちょうど年の瀬の関東・武蔵野のクヌギ林を彷彿とさせます。

本格的な冬が来る前に、ベランダの植物を寒さに弱い順に6回に分け約1ヶ月半かけて屋内へ取り込みます。

転勤初年はタイミングを誤り枯らしてしまう場合も。

しかし、アメダス統計で日平均10℃→0℃となる平年日(旭川10/13→11/25 浦河10/30→12/15)が偶然、今までの取り込み期間とほぼ一致してたことを知り、テキトーな割に法則性があったのだと自画自賛

今年もサザンカが開花していました

大学の頃、門扉の施錠は朝早く夜遅い馬術部に委任され、夜飼当番がそれを担ってました。

朝の厩務作業や騎乗の合間、昨夜の当番は分散する門扉をチャリで解錠して廻ります。冬の早朝は真っ白な富士山と真っ赤なサザンカが印象的でした。

キャンパスの半分を占める圃場はチャノキやカラタチで仕切られ、サザンカの生垣もありました。なんでも植栽されている品種数でギネスに載ってたそうです。

今、ベランダで咲いているのは記念に持ち帰った種子から育てた二世になります。

露地植えとしては北限?松前サザンカ
寒風が直接当たるせいか蕾は固いまま(11月初旬)

圃場の一角にはアメダスが設置されておりました。真偽の程は分かりませんが、何者かが雨量計にオショースイを注ぎ多摩地区に大雨警報を出させたとか。

バンカラ(死語?)なエピソードに事欠かない母校でしたが、我々の親世代に至っては「寮雨」などという、平成のいとけなき青少年が卒倒するような不潔極まりない風習があったそうです。

雨量計は溢水式転倒枡タイプが一般的で、留萌管内の農地防災ダムでも使用していました。

幌糠の集落から更に奥、樽真布川に築造したダムで深い雪に埋もれた計器を掘り返していたら、勢い余って内部の水や油膜(必要なものだったらしい)まで除いてしまい、メーカーさんに迷惑かけてしまったことを思い出します。

サザンカより耐寒性のあるヤブツバキ
函館の実家にて
11月初旬に返り咲き

旭川・隣家のツバキ
雪囲いすれば露地植え可能ですが花は咲かない様です